その日の気分で聴いた音楽夜話
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
FC2 managemented
Moonlight Serenade
2007-01-28 Sun
またまたこちらも放置してしまいました・・・

本日は小川俊彦さんのピアノでSTNDARDS Vol.12からMoonlight Serenadeを聴いております。

去年、友人の (また友人の 笑) 喫茶店の五周年記念ジャズコンサートでピアノを弾いていらしたのが小川俊彦さんでした。

小さな飄々とした老人 (失礼致しました) が登場し、ピアノに向かうとそこはもう暖かくて素敵な音色が流れるお洒落な空間、キラキラと透明なピアノの音にゆったりと身を任せ暫し夢の中でした・・・。

CDがずっと欲しくて先日やっとその友人の喫茶店で購入しました。ジャズのスタンダードを集めてあるCDでどれも魅力的でしたが、大好きなMoonlight Serenadeを聴きたくてこのCDにしました。

MOONLIGHT SERENADE

AUTUMN NOCTURNE

STREET SCENE

NEVERTHELESS

OH! LOOK AT ME NOW

HARLEM NOCTURNE

HOW LONG HAS THIS BEEN GOING ON?

'ROUND MIDNIGHT

MY FUNNY VALENTINE

YOU'LL NEVER WALK ALONE

DEAR HEART


今宵はジャズを聴きながら再び夢の谷間で過ごしたいと思っております。
おやすみなさい・・・
スポンサーサイト
別窓 | JAZZ | コメント:2 | トラックバック:0
FC2 managemented
アンダルシアの風
2006-12-10 Sun
20年ぶりに吹き渡るアンダルシアの風、カスタネットの音も懐かしくラテンの哀愁を漂わせながら・・・

本日は夕方、熱帯雨林より届いた今田勝の「アンダルシアの風」を聴いております。今から約20年前、確か楽器店の小さなホールにて熱気ムンムンの中聴いたのがこの「アンダルシアの風」でした。

あくまでもライブ活動にこだわる今田勝らしい熱く素敵なライブコンサートでした。当時はジャズはまだワタクシには取っ付き難く、せいぜい聴いてもオスカー・ピーターソン・トリオやビル・エヴァンズなどの名盤と言われたものに留まっていました。

それでも知っている曲 (「酒とバラの日々」とか 笑) は楽しめたのですが、初めて耳にする曲は睡眠誘発剤の役割しか果たさないような感じでした。ところがこの「アンダルシアの風」は初聴でそのメロディックな美しさにノックアウトされました。

ジャズというより当時日本では新しい波として流行していたフュージョンになるのでしょうか。今田勝のクリアなピアノに絡むアコースティックギターの音色が切なく、そしてベースが哀愁をそそります。その頃この曲ばかり何度聴いたことでしょう。

そういえばコンサート前に買ったレコード盤を持って出掛け、サインをして頂きました。う~ん、探せばあのレコードも何処かに眠っている筈です。それこそあのレコードは擦り切れるほど聴いた覚えがあります。

そうそう、確か当時のレコードジャケットはギターの渡辺香津美がMr.Xとなっていたのでした。その頃はワタクシ、渡辺香津美の名前は知っていましたが、今田勝は知らなかったという・・・その楽器店に勤めていた友人から勧められたのがこの「アンダルシアの風」LPレコードだったのです。

ワタクシこの曲ばかり何度も聴いておりますが、CDになってより一層ピアノの音が冴えているように思います。ところでちょこっと残念に思うことがあるのですね・・・。

それはとてもお洒落なLPレコードのジャケットが (黒地に赤い花?だったでしょうか? 何しろ20年前の記憶ですのでかなり怪しいのですが) CDはあまり面白くもない紙ジャケットになってしまっているのです・・・出来ればそのままCDにして欲しかったと思いますデス。
別窓 | JAZZ | コメント:0 | トラックバック:0
FC2 managemented
DIANA KRALL ~WHEN I LOOK IN YOUR EYES~
2005-08-02 Tue
少し前、"独り言"http://diary2.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/lazy-sheri/で書きましたが、ほろ酔い状態だったので再び(笑)

「ダイアナ・クラールは美しい声とエレガントなスタイルの持ち主だ・・・」とかの有名なクリント・イーストウッドに言わしめたヴォーカル、そしてピアニストの彼女はイーストウッド監督映画「True Crime」のテーマ曲を1999年に歌っております。

ワタクシ好みの低めのハスキーヴォイスでボサ・ノヴァ調からスタンダードまで甘く美しくそして、切なく歌いあげていきます。気負いがなく落ち着いた、ゆたっり寛ぐことのできるアルバムです。

何しろかつてこのアルバムを紹介してくれたのは、ジャズ好きな美人好みの友人なので、敢えてアルバムの画像を載せなくても良いかなと(笑)

本当に疲れて何もしたくない時、ぼーっと聴くには最高のBGMです。

そして「True Crime」のテーマ曲 "Why should I care"はロマンティックなとても美しい曲です。
別窓 | JAZZ | コメント:0 | トラックバック:0
FC2 managemented
| 夜想曲 |

ブログ内検索

RSSフィード

音楽夜話 夜想曲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。