その日の気分で聴いた音楽夜話
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
FC2 managemented
ストレスを感じた時に聴く音楽 PART2
2005-10-30 Sun
昨日の続きで~す。

ストレスを感じた時に聴くと効果的(ってどんなん?)な音楽です。

本日はチャイコフスキーのあまりにも有名なピアノ協奏曲第1番変ロ短調を聴いております。

今更チャイコフスキーではないですが(笑)ワタクシが駄文をだらだら書かなくても、充分ご存知の曲ですね。

それでもちょこっと書いておきます(笑)チャイコフスキーはピアノ協奏曲を全部で3曲書きましたが、この1875年に書かれた第1番がやはり群を抜いて優れており、他の2曲はあまり演奏されないようですね。

あれれ、確かこのピアノ協奏曲第1番、作曲された際には有名なピアニストに「演奏不可能」とレッテルを貼られ、初演さえ危なかったという作品だったような記憶が・・・。何かで読みました。

しかし、この叙情的かつ壮大な曲をゆったりと気負いなく聴かせるルービンシュタインのピアノ、大好きです。
スポンサーサイト
別窓 | 戯言 | コメント:2 | トラックバック:0
FC2 managemented
ストレスを感じた時に聴く音楽
2005-10-29 Sat
最近やたらと”癒しのなんとか~”とか”心が癒されました~”など癒しと言う言葉の乱発のような気がします。これは”愛”も同じかな~。流行なのでしょうか?

”癒し”も”愛”ももう少し深い意味合いがあると思うのですが、あまり気にせず使っているのかなと。乱発は安っぽくなりますね。ワタクシも気をつけたいと思います。

と全く関係ない?ことから始まってしまいましたが、本日はその”癒し”効果のある音楽について少しばかり・・・。

”こんな時にこんな音楽がお薦めですよ”という本があったと思うのですが、見当たらないので印象に残っている部分を少しばかり。

ストレスを感じた時に聴くと良い音楽にベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」が挙がっていた記憶があります。「皇帝」はベートーヴェンが書いたピアノ協奏曲の中で最も有名かつ壮大な曲ではないでしょうか。

「皇帝」という名(誰がつけたのか不明だそうですね)にふさわしく壮麗で華やかな曲ですね。堂々たる曲調がストレスを取り去る効果があるのでしょうか。

その他にはチャイコフスキーのやはり有名曲ピアノ協奏曲第1番、それからブラームスのピアノ協奏曲も挙げられていたと記憶しております。

というわけで本日はクラウディオ・アラウのピアノで「皇帝」を聴いております。

別窓 | 戯言 | コメント:1 | トラックバック:0
FC2 managemented
オペラに行こう♪
2005-10-25 Tue
朝晩冷え込む季節になると、ムズムズしてきますね~。ああオペラが観たいっ♪かつては精一杯お洒落して出掛けたものでした(笑)。

しかし何しろチケットが高い!!”なんとかしてください”です。ところがですね、高いだけのことは確かにあると思うのです。劇場に入った瞬間から気分はすっかりイタリアン(爆)ですよ。そして陶酔の時間は夢のように過ぎてゆく・・・

ミーハーのワタクシはまず、舞台、それから衣装(これ、結構重要ですね 笑)と心ゆくまで堪能します。それからメインのアリアやら合唱やら、もう美味しいとこ、てんこ盛りですよ~

歌を聴きながら”目が追いつかないよ~”なんてこともしばしば。それこそオペラグラス(それもバードウォッチング用の倍率の高いもの持参)が離せませ~ん。しかし舞台の全景も勿論見たいから、ホント忙しいのです。時々目の焦点が合わなくなるほどでした(爆)

四幕、二時間半近くを見終わる頃には、頭の中ではアリアのサビ旋律が鳴り響き、物語の中に身を投げ出したワタクシは”感動の嵐の真っ只中におります、暫くそっとしておいてください”(爆)状態でした。なかなか現実に戻れず、席から離れられなかったこともありました。

帰宅してからCDを聴いてその場面を思い出すのもまた楽しくて、余韻がいつまでも残るのですね。書きながら心はもう劇場に飛んでおります。

やはり多少無理をしてでもナマを見たいものです。たとえその日のプリマドンナの体調が悪くて声が上擦ろうとも、新人歌手が緊張のあまり音を外そうとも(笑)・・・ナマに勝るのもはないと思います。
別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0
FC2 managemented
BGM
2005-10-20 Thu
久し振りの更新です(汗)ここ暫く気持ちがジェットコースターに乗っているような状態でしたので、何やかや音楽は聴いてはいたのですが、とてもとても書けるような状況ではありませんでした(言い訳)。

書こうと思えば書けたのですが、唯でさえ支離滅裂な文章が、それこそわけがわからんモノになりそうでしたので、自粛しておりましたぁ(爆)

それで復帰初日が、これですか??あははと笑って誤魔化す。でも自分のブログやHPにこらしょとBGMを付けているワタクシといたしましては、重要なことなのです。

それと言うのも、やはりBGMは邪魔だ!!と仰る方がいらっしゃるわけですね。音楽聴きながらPC開いている方や、職場でこっそり見ていらっしゃる方、はたまた夜中にと言う方にとっては確かに煩いのかもしれませんね。

しかし、音楽が結構精神的に影響するワタクシにとってはBGMは必需品なのですね。このブログにもしっかり付けておりますし(汗)ブログもHPもお気に入りの音楽を付けているので、自分のページを開いてぼーっとしていることもよくあります。

HPやブログの雰囲気(壁紙とかレイアウトとか)やBGMで大体その管理人の方がわかります、というより自分が好きかどうかなのですけれども(笑)さっと通り過ぎてしまうページなのか、また訪問してみようと思うページなのか、ワタクシは随分このBGMが自分にとって大きな役割を果たしていると思うのです。

というわけでBGMが煩い方はさっとスルーしていただくことにして、相変わらず好きな音楽を付けてがちゃがちゃやっていく所存でありますのでどうぞ宜しくですぅ(爆)
別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0
FC2 managemented
月並みですが”ブラームスはお好き?”
2005-10-06 Thu
はい、好きで~す(笑)かつては苦手でした。どうもこのサガンの有名小説「ブラームスはお好き」のイメージが先行してしまい、ちょっといいかな~と。

短絡的なワタクシはブラームス→ドイツの深い森→重苦しい思索→憂鬱と勝手に妄想の海を泳いでしまっていたのですね。それでついつい敬遠をしておりました。

ところがドイツ・レクイエムを合唱団で歌ったあたりから、”あ、もしかしたらこの深い瞑想曲を書いたブラームス、好きかも”と思えるようになりました。もっと暗鬱に彩られた気が滅入るような曲を想像していたのでした。

第2楽章のとても美しい旋律や第3楽章のロマンティックなピアノなど、その魅力は数え上げたらキリがありません。

あ、曲を書いてなかった・・・(汗)本日はピアノ協奏曲第2番変ロ長調作品83をクラウディオ・アラウのピアノで聴いております。
別窓 | CLASSIC | コメント:0 | トラックバック:0
FC2 managemented
| 夜想曲 |

ブログ内検索

RSSフィード

音楽夜話 夜想曲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。