その日の気分で聴いた音楽夜話
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
FC2 managemented
グリーグ ピアノ協奏曲第1番 イ短調 作品16
2006-09-06 Wed
もうかなり前のことになりますが、北欧旅行した友人からのお土産がグリーグの「ピアノ協奏曲第1番 イ短調 作品16」のCDでした。

グリーグのピアノ協奏曲第1番は有名な曲ですので、何枚かCDは持っていますが、本日はこのお土産で頂いたCDを聴いております。おそらく日本では無名であろう?ピアニストで聴くのもよいかなと(笑)

「ペール・ギュント」で有名なノルウェーの作曲家グリーグは、ピアノ協奏曲については1曲だけしか手掛けていないとのこと、25歳の青年が作曲したこのピアノ協奏曲は劇的な第1楽章の曲のはじめから印象深く、何度聴いても思わず惹き込まれてしまいます。

第2楽章 アダージョ 叙情的な旋律から生き生きとした躍動感溢れるピアノへの変遷、激しい感情の起伏が伺えるのは青年グリーグの若さでしょうか。

「北欧のショパン」と呼ばれたグリーグはモーツァルトやウェーバー、シューマン、メンデルスゾーンそしてとりわけショパンから深い影響を受けたようです。

聴きながら何処かロマンティックな夢幻の世界を彷徨っているような錯覚に陥り、まだ目にしたことのない北欧の美しい風景が拡がります。あたかもそれはピアノが織りなすタペストリーのように・・・。

そして華やかで壮大な第3楽章へ 華麗なピアノとオーケストラのかけ合いも美しく幕を閉じます。
スポンサーサイト
別窓 | CLASSIC | コメント:0 | トラックバック:0
FC2 managemented
| 夜想曲 |

ブログ内検索

RSSフィード

音楽夜話 夜想曲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。