その日の気分で聴いた音楽夜話
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
FC2 managemented
Turandot
2005-08-18 Thu
帰宅途中、またまた頭に浮かんだメロディ、それはオペラ、トゥランドットの「誰も寝てはならぬ」
最後のvincero~♪でした。そこで本日はプッチーニ最後の作品「トゥランドット」です。

プッチーニが最後まで完成させることなく亡くなった為、弟子のフランコ・アルファーノが補筆し完成させたという曰く付きの作品です。

むかしむかし、あるところ(中国のお話ですね)にとても美しく残忍なお姫様がいました。トゥランドット姫といいます。姫は求婚者に三つの謎を出し、解けなければ首をちょん切っておりました。(姫=ソプラノ)今迄多くの若者が首を刎ねられてきました。

そんな姫を一目見た異国の王子(今は流浪の身)カラフ(テノール)はその美しさの虜になってしまうのでした。そして三つの謎を見事に解いた王子に姫は「何処の誰とも知らない男とは結婚したくない」と駄々を捏ねます。

王子は姫に「では明日までに自分の名前が判明したら命を差し出しましょう」と逆に謎を出します。街中の人々は姫の命令で誰も寝ないで王子の名前を知る人物を探し出します。そこで有名なアリア「誰も寝てはならぬ」が歌われるわけですね。

王子が昔自分に微笑んでくれたからと王子に恋をした奴隷娘リュウと今は盲目になってしまった、滅ぼされたダッタン国王(王子の父)が引き出されます。拷問にかけられる父王ティムールをリュウは「彼の名前を知るのは自分だけ」とかばい、健気に鞭打ちに耐えます(酷い話だわ!!)

しかし耐えられなくなったリュウはカラフの名前を明かさぬまま、兵士の剣で我が胸を突いて死んでしまいます。王子が思わず姫に駆け寄り接吻すると、姫の氷のような心が溶け、最後は「彼の名がわかった、その名は愛」めでたしめでたしというお話だったと記憶しております。

突っ込みどころ満載!!こんな酷い話ってあります?リュウがあまりにも哀れではありませんか。まあ、オペラのお話はこんな感じなのでしょうかね~。

それはさておき、ワタクシ的には宮廷にいる三人の大臣、ピン(バリトン)、ポン(テノール)、パン(テノール)がかなりツボです。この三人、宦官なのでしょうか。本音をちらっと吐いたり、なかなか哲学的なことを申したりしております(笑)

本日は寂しくもBGMなしです。ワタクシが見た映像は確か、ドミンゴがカラフを歌ったものだったと思うのですが、ちょっと自信ないですね~(BS放送で見たと記憶しております)

別窓 | OPERA | コメント:2 | トラックバック:0
FC2 managemented
<<VERDI ~REQUIEM~ | 夜想曲 | BONNIE TYLER >>
この記事のコメント
恥ずべき告白(ア~,人生?年にして)

私は、この日本語訳『誰も寝てはならぬ」が不思議でなりませんでした。なんて面白い題だこと、と。
曲は良く聞きますが内容迄は確認しようともしない。
余りオペラに興味を持たないのでこんな事になるんでしょうか。
でも、面白い内容だと思いました(今更・・・ですが・・汗)これで、少しはオペラを理解出来る様になるのでしょうか?
2005-08-22 Mon | URL | Mutsuho #NDafKXfs[ 内容変更]
いえいえ、ワタクシも同じでしたよ(笑)

声楽をちょっと習った時、センセがテノール歌手の卵ちゃんだったから、いろいろ教えていただきました。

理解は・・・ワタクシもちゃんと理解はしておりませんので(汗)

感じることかな~と思います。難しいことはあまり考えず、情感たっぷりに歌われるアリアやコーラスを聴くと、心が躍ったり高鳴ったり、その感覚かな~と。

2005-08-23 Tue | URL | Mio #X1BgZhKE[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 夜想曲 |

ブログ内検索

RSSフィード

音楽夜話 夜想曲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。