その日の気分で聴いた音楽夜話
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
FC2 managemented
ストレスを感じた時に聴く音楽 PART2
2005-10-30 Sun
昨日の続きで~す。

ストレスを感じた時に聴くと効果的(ってどんなん?)な音楽です。

本日はチャイコフスキーのあまりにも有名なピアノ協奏曲第1番変ロ短調を聴いております。

今更チャイコフスキーではないですが(笑)ワタクシが駄文をだらだら書かなくても、充分ご存知の曲ですね。

それでもちょこっと書いておきます(笑)チャイコフスキーはピアノ協奏曲を全部で3曲書きましたが、この1875年に書かれた第1番がやはり群を抜いて優れており、他の2曲はあまり演奏されないようですね。

あれれ、確かこのピアノ協奏曲第1番、作曲された際には有名なピアニストに「演奏不可能」とレッテルを貼られ、初演さえ危なかったという作品だったような記憶が・・・。何かで読みました。

しかし、この叙情的かつ壮大な曲をゆったりと気負いなく聴かせるルービンシュタインのピアノ、大好きです。
別窓 | 戯言 | コメント:2 | トラックバック:0
FC2 managemented
<<BRAHMS 交響曲第1番 ハ短調 | 夜想曲 | ストレスを感じた時に聴く音楽>>
この記事のコメント
確かケチ付けたのは当時モスクワ音楽院学長だったニコライ・ルービンシュタインでしたでしょうか?
演奏不能というよりはソロが面白くないということだったように記憶していますが・・・どうだったかな?

それはともかくとして、これからの季節はロシアモノが聴きたくなる季節ですね。
私のお勧めはリヒテルがザンデルリンク&レニングラードフィルとやったラフマニノフの2番です。
きっと泣けるヤル気満々な演奏です。

チャイコの方は長らくリヒテル、ムラビンスキー&レニングラードで聴いてきました。
茫洋としたロシアの冬が聴けますね。
私はなぜかこれを聴くと冬眠してしまうのですが(笑)
2005-10-31 Mon | URL | オルフェ #MKj1/RtQ[ 内容変更]
オルフェさん、こんばんは~。

こんな辺境の地(笑)まで足をお運び頂いてありがとうございます。

ちょっと調べてみました。仰るとおりニコライ・ルービンシュタインでした。酷評されたとあるので
ソロが~ということだったのかもしれませんね。ありがとうございます。

リヒテルではべートーヴェンのピアノソナタとバッハを聴いています。ラフマニノフの2番は一番最初に聴いたのがルービンシュタインでしたのでどうもその印象が深いですね~(笑)

でも、折角お薦めしていただいたので、探してみますね。

ありがとうございました。
2005-11-01 Tue | URL | Mio #X1BgZhKE[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 夜想曲 |

ブログ内検索

RSSフィード

音楽夜話 夜想曲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。