その日の気分で聴いた音楽夜話
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
FC2 managemented
ちょっと休憩のつもりがいつも休憩に(汗)
2005-11-17 Thu
親馬鹿の父のおかげでピアノ教室に放り込まれた後が大分途切れておりましたので、今日はちょっとその後を書いてみようかと思っております。

ええと、そうでした、ピアノ教室に放り込まれたのは小学校3年生の時です。もし父が妄想したように音大に行くのであれば(本人は全くその気なしでしたが)かなり遅いと思うのですが。

その前、二年間くらいオルガン教室に通っていましたので、楽譜の読み方等はわかっていたとしてもオルガンとピアノでは全く弾き方が異なりますよね。

まあ、それはよしとしてとにかく近所のピアノの先生のところへ通い始めました。ところが、この先生、とっても怖い!!ちょっとヒステリーだったのかな~(と本人の練習不足をまた人の所為にしております)。

バイエルとかハノンとかええとあとはチェルニーだったかな?等の何番迄とか宿題を出されて、一応家では練習していくのですが、どうも先生の前にいくと怖さ(笑)から緊張して、上手く弾けない(汗)。何故かいつも緊張している子供でした。(片方の肩がね、上がるのです←先生の座る側が 爆)

そして、そのたびに手をばちばち叩かれるのですよ(涙)今思い出してもひぇ~ですね。これって相乗効果でますます萎縮して下手になる(爆)。ピアノは好きだし(決して裕福ではありませんでしたが、ピアノは親が購入してくれました)、練習も嫌ではないのに、気分はどんどん暗くなる一方でした。

当時教育ママだった母のおかげで、ワタクシ、ピアノの他に学習塾、習字、珠算(昔は読み書きソロバンとか言ってましたよね←古いなあ、また年バレバレ)も掛持ちしておりました。これって、今思うと一週間がお稽古事で終わっちゃうってことなんですよね。

いつも追い立てられているような状況でどんどん憂鬱になる緊張気味の子供、どういう結果になるかもうおわかりかと思いますが(爆)ある日突然、キレました。本当にプツンと。

それまで親の言うことは絶対であり、逆らったこともなかったとても優等生(だったのはこのあたりまでです)だったワタクシは、ある時「ピアノへ行ってきま~す」と出掛けて、ひとり公園でぼけ~と過ごしました。これってとっても快感だったのを今でもよく覚えております。

その時は”休みます”連絡もしなかったと思うのですが、別に先生の方から問い合わせもなかったのかな~、バレなかったのですね、親に。それで味を占めたワタクシは、お稽古事ぜ~んぶ、放棄しちゃったんですね(爆)極端な性格はこの頃から既に兆しが・・・。やはり三つ子の魂ですね~。

他のお稽古事はここでは書きませんが、兎に角ピアノは一時の苦痛(笑)から逃避する為に遁走し、結局親にばれ、”ごめんなさい、もうしません”とまた通い始めての繰り返しを何回かしましたね(爆)

その頃には練習そのものが嫌になり結局やめてしまいました。その後、大人になって”リベンジ~!!”とワタクシより少し年齢が上の先生につきましたが、彼女はとても教え方が上手く、もし子供の頃、こういう先生についていたら、もしかしたら音大目指してたかもな~なんて思ったこともありました。

何もわからない子供にとって先生はとても影響力があるのです。まあ親が”音大へ行かせたい!!”なんて馬鹿な夢を先生に伝えたから、先生も必死に厳しく教えたのかもしれませんね。今となっては確かめようもないのですが(一度、わんこの散歩で先生の家の前迄行きましたが、もうそこにはいらしゃらないようでした)。

でも、ちょっとだけでもピアノを齧ったおかげで、やはりクラシック音楽が好きになったのかな~とも思いますので、そういう意味ではピアノ教室に通わせてくれた親に感謝しております。

軽めのつもりが本日は長々と書き殴りましたです、失礼致しました。


この後の音楽との関わりもまた少しづつ書いていきたいと思いま~す。
(まだ続けるつもり・・・爆)
別窓 | 戯言 | コメント:2 | トラックバック:0
FC2 managemented
<<戯言の繰言 | 夜想曲 | BRAHMS 交響曲第1番 ハ短調>>
この記事のコメント
お久しぶりです
音楽は小さい頃から習わないと身に付かないものなのでしょうね。私は田舎でしたから、稽古事は一切無し、高校を出たら花嫁修業・・・が一般的でしたし、二つ違いの姉はそのコースをまっしぐらでした。私が目覚めた?のは,中学校の頃、世界を廻って仕事をする、なんて無茶なことを考えたこどもでした。
都会に出て,いろいろな人達と出会い、世界は広いと感じた事は勿論,その後の人生はまるでスポンジが水を吸う如くでしたが、親が道を開いてくれていたら,違った人生を歩んでいたことでしょうね。ちょっぴり羨ましい気もいたします。
2005-11-18 Fri | URL | Mutsuho #NDafKXfs[ 内容変更]
ありがとうございます
こちらにもコメントありがとうございます。

ワタクシは親が折角道を示してくれたのに(ほぼ強制的に 爆)結局横道にそれてしまいました。

ワタクシの友人の中には、20才過ぎてピアノに目覚め、その後猛レッスンの末、音大へ行った人もいましたよ。本人が本当にやる気になれば不可能ではないんだな~と思いました。好きこそ・・・ですね(笑)
2005-11-18 Fri | URL | Mio #X1BgZhKE[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 夜想曲 |

ブログ内検索

RSSフィード

音楽夜話 夜想曲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。