その日の気分で聴いた音楽夜話
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
FC2 managemented
BRAHMS~EIN DEUTSCHES REQUIEM~
2005-08-04 Thu
”本日は軽めでいこう”と思ったのですが、何故か手に取ったCDがブラームスのドイツ・レクイエムでした(汗)。

実はレクイエム(鎮魂歌又は死者の為のミサ曲)がとても好きです。モーツァルト、ヴェルディ、
そしてこのブラームスが多分有名だと思うのですが、其々違った魅力があります。

このドイツ・レクイエムは合唱団で歌ったので感慨もひとしおです。いかにもブラームスらしい深い信仰の感情を表現した、静かな瞑想曲とでもいうのでしょうか。

人生の無常さ、審判に対する恐怖、死への避けられない運命、残されし者の哀しみ、復活の喜びと深く静かにそして時に激しく綴られてゆきます。特に第3楽章のフーガは筆舌に尽くし難い美しさです。

本日のCDはカラヤンが1983年に振ったものです。

   バーバラ・ヘンドリックス(ソプラノ)
   ホセ・ファン・ダム(バリトン)
   ウィーン樂友協会合唱団
   ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
   ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


ああ、やはりワタクシ、この重厚なオケとコーラスがとても好きなんですわ~(しみじみ)
別窓 | CLASSIC | コメント:0 | トラックバック:0
FC2 managemented
<<ちょっと休憩 | 夜想曲 | KOJI OIKAWA ~PLAYS CHOPIN~>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 夜想曲 |

ブログ内検索

RSSフィード

音楽夜話 夜想曲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。