その日の気分で聴いた音楽夜話
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
FC2 managemented
カヴァレリア・ルスティカーナ
2006-03-06 Mon
先日購入した「カヴァレリア・ルスティカーナ」のDVD、これ大好きなオペラなので書き出すとキリがない!!延々と続いてしまいそうですので、本日は一番好きな場面を・・・。

前奏曲から既に美しくてうっとりしてしまうのですね~。でもこれ、兵役から帰ってきた一人の男(テノール)をめぐる若い村娘(ソプラノ)と男の元恋人、今は人妻(メッゾ・ソプラノ)との三角関係物語なのですよね~(汗)。切った張ったの顛末はオペラの定番?でしょうか。

人のものは何でも欲しくなるというお気楽?人妻ローラ(メッゾ・ソプラノ)と一見大人しそう、でもローラに激しい嫉妬の炎を燃やすサントゥッツア(ソプラノ)の間で翻弄される何ともいいから加減な男トゥリゥドゥ(テノール)。

この設定だけでもかなり笑えてしまうのですが、いや~感情のぶつかり合いが歌で表現されるとぐぐっとくるものがあるのですね~(笑)。さすが、ヴェリズモオペラ!!この上なく劇的です。

むしろストーリーを知らずに音楽だけを聴いてたほうが良かったかも~なんて思ったこともありました。一番最初に聴いたのは輸入版のCDだったので、何もわからず、ただただその前奏曲の美しさに酔っちゃったので~す。(何たってトゥリゥドゥは決闘で死んでしまいますからね)

あ、やはり長くなってる・・・好きな場面だけ書いてあっさりいこうと思っていたのに(汗)。もう少し時間に余裕のある時にあらすじなんぞも書きたいと思っております。↑でもほとんど書いちゃったでしょうか。

そうそう、一番好きなところはですね、人々が復活祭の賛美歌を歌いながら教会への路を歩き(ここのコーラスがまた涙がでるほど美しいのですよ←いつか歌いたいと実はずっと思ってる 爆)それを家からじっと見ながらソプラノが

主をたたえましょう
主は亡くなられたのではなく
よみがえられ
天上の栄光の座に昇られたのです・・・
ああ主よ、主よ・・・

と泣き崩れる場面なのです。CDで初めて聴いた時は鳥肌がたちましたよ~、何度もココだけを聴いていたものでした(爆)。どうもソプラノ声は苦手なのですが、カヴァレリア・ルスティカーナに関しては嘆きも叫びも許せちゃうから不思議です。
別窓 | OPERA | コメント:0 | トラックバック:0
FC2 managemented
<<モンセラート・カヴァリエ | 夜想曲 | 買ってしまいました!!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 夜想曲 |

ブログ内検索

RSSフィード

音楽夜話 夜想曲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。