その日の気分で聴いた音楽夜話
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
FC2 managemented
シューベルト 交響曲第8番ロ短調「未完成」
2006-04-30 Sun
中学生の頃だったと思いますが(何分にもずっとずっと前のことなので 汗)、当時から映画好きだったワタクシは深夜放送の映画番組でチャールトン・ヘストンとマキシミリアン・シェルが共演した戦争映画「誇り高き戦場」を見て、とてもこの映画が好きになりました。その後何度か同じTV放送でこの映画を観ました。

そのタイトルかエンドでシューベルトの交響曲第8番D759ロ短調「未完成」が使われていた?と記憶していますが、うろ覚えです。

映画は第二次世界大戦中、米軍慰問交響楽団の高名な指揮者(チャールトン・ヘストン)とドイツ軍将校(マキシミリアン・シェル)との男の誇りと意地をかけた戦いを描いたドラマで、二人の演技のぶつかり合いが熱い上、ほろっとさせるエピソードが盛り込まれていました。ベートーヴェンの「運命」も使われていたように思いますがあまり自信がありません。もう一度観て確かめたいと思っております。

交響曲第8番はあまりにも有名な曲ですが、シューベルトがこの交響曲を何故「未完成」のまま終わらせたのかは今もって謎のようですね~。第二楽章まで書いてそのまま机の引き出しに眠っていたらしいのです。初演がシューベルトの死後37年もたってからというから驚きです。第一楽章の不安を煽るような旋律と喪失感・・・何度聴いてもやはり美しい曲だと思います。

と云うわけでレコード時代はカラヤン指揮/ベルリンフィルでよく聴いていましたが、本日は(朝から 笑)シノーポリ指揮/ドレスデン・シュターツカペルレで聴いております。
別窓 | CLASSIC | コメント:0 | トラックバック:0
FC2 managemented
<<ハイドン 交響曲第94番「驚愕」 | 夜想曲 | マキシム~ヴァリエーションズ~>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 夜想曲 |

ブログ内検索

RSSフィード

音楽夜話 夜想曲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。